2009年5月の記事

未分類

「FLAMENCO 曽根崎心中」打ち上げ&結婚パーティー

May 24,2009 11:15 PM

先日、バカ団員と曽根崎、八千代座公演の打ち上げ。

大騒ぎする私たちが打ち上げできるところが限られているので二日続けて同じところ。

バカ、なんて言ってるけど、この我らが誇る素晴らしいメンバー、
このひとりひとりの熱演がこの「FLAMENCO 曽根崎心中」の屋台骨なのです。
これはお世辞でも何でもなく、作品をご覧になった方ならきっとご理解いただけると思います。

これまで参加してくれていた人たちの踊り、芸もきちんと受け継いで、その魂一つ一つがこの作品に息づいています。
宇崎さんにも「舞踊団の人たちは毎回進化してるね~」と。

さて、今回の打ち上げの日、柏麻美子と中根信由が籍を入れました!
そのお祝いも。

ところが肝心の新郎、人生の新たな門出に際しいろいろな緊張や心労があったのでしょうか、
体調を崩しはじめのうち欠席(のちに這って来た)。

なぜか最初のあいさつは柏の永遠の踊りのパートナー矢野吉峰が。
そのあと這ってきた新郎との挨拶にも割って入る九平次。

やっぱりね、ここはアルボレアを歌って踊んなきゃ。

そうこうするうちに酔いも回って、なんだかのっぴきならないことになってきた!

大事なパーティーに遅れてきた、ふがいない夫に対しての怒りが込み上げてきた妻が~~!!
危なくリアル「血の婚礼」か?!

それを目撃した周りは「キャー!」

「ヒョエー!!」

ってことで、やっぱりバカな私たちでした。
なにはともあれ、お幸せに!

5月の祭典

May 23,2009 03:53 PM

昨日は5月29日(金)シアター1010で行われる現代舞踊協会主催の「5月の祭典」に出演するメンバーとの決起集会(ただの飲み会)。

今回は工藤朋子が「シギリージャ」(平成20年度河上鈴子スペイン舞踊新人賞受賞作品)。柏麻美子、末木三四郎、東陽子ら総勢19人で構成する群舞作品「ソレア」での参加です。

それぞれこの舞台にかける思いを熱く語らい、あっという間に夜が明けてしまいました。
公演終了後は何と小島先生のスタジオの皆さんと合同の打ち上げも予定されていて、なんとも楽しみ。
って、飲む話ばっか。

とにかく、みんな頑張っておりますので、是非観に来てください!

鼓童

May 21,2009 11:06 PM

先日スタジオにデスヌード佐渡花の木公演http://arte-y-solera.com/blog/2009/04/vol2_5.htmlの時にお会いした、鼓童の吉井盛悟さんが欧州ツアーに出発する前日、忙しい中スタジオに遊びに来てくれました。朝10時。

佐渡、花の木での吉井盛悟さん

三味線弾きの中田誠さんも同行され、こちらはギターの斎藤誠さんが来てくれました。

フラメンコのDVDを観ながら、その歴史や音楽構成の説明。
ブレリアのパルマの練習をしたのですが、さすがすぐに様になってました。
お二人(吉井さんは胡弓と篠笛で)からも日本各地の民謡を実演で紹介してもらったのですが、
これが大変素晴らしかった!

そうこうするうちにみんなでセッションが始る。
吉井さんが「お互い歩み寄りつつ、しかしどっちにもよ寄りかかってないようなところを探していければ。」
と、音楽の会話が続く。

夕方には同じく鼓童のメンバーの鬼沢綾子さんと島内博子さんも合流。
お二人にはフラメンコの、おもにサパテアードのレクチャーを。

徐々にうちの矢野吉峰、末木三四郎らも集まり、何かがうごめき始め、最後には吉井さんと中田さんのオリジナル曲に私たちフラメンコの振りを付け、なんと一曲仕上がってしまいました。

津軽の手踊りも披露してくれました。

誓い将来の共演の契りを交わし、飲み会へ。
この飲み会がまた最高で、芸談義から飲めや歌えの大騒ぎ。
最後は私も記憶がなく、おなじみの破壊王こと矢野“九平次”吉峰の乱心があったのかどうか?
全然覚えてないのです。
しかし、中○信○の見つかったら公然わいせつ罪な事件ははっきりと記憶に。あまりに衝撃的だったので。ってか煽ったのは私・・・。ここでご紹介できないのが残念です。

さて、吉井さんたちとの共演いつの日になるのか?
本当に楽しみです。

「FLAMENCO 曽根崎心中」八千代座公演終了!

May 21,2009 03:38 PM

5月16日、17日計3回公演、熊本県山鹿市、八千代座において「FLAMENCO 曽根崎心中」無事終了いたしました!
観に来ていただいたお客様、スタッフ、関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

舞台、袖、廊下、楽屋すべてが木造。国重要文化財のためフラメンコ・シューズは舞台のみ、あとは厳禁。
そこは通常の舞台空間とは違う、まさにこの作品の元禄時代に遡ったような風情があり、否が応にも盛り上がります。
また舞台に立つと毛穴まで見られているんじゃないか、と思うほど客席との間隔が距離的にも空間的にも近く、濃密。演者は繊細な踊りをしなければなりません。
いやはやめずらしく緊張しました。
しかし今回も大勢の客様にお越しいただき、最後はスタンディングオベーションを頂きました。
また初日の終演後中打ち上げがあり、なかなか聞くことのできないお客様からの生の声を聞くことが出来大変ありがたく、嬉しかったです。

そして終演後八千代座から車で20分、さらに山奥に入ったところにある温泉郷、奥山鹿温泉旅館に、阿木さん、宇崎さん、オフィス・ドラゴンの皆さんと私たち舞踊団合同慰安旅行へ。

終演直後の疲れた体を温泉(これが最高に気持ちよかった!本当にお肌ツルツル。)で癒し、そのあと踊って汗をかき切り砂漠状態の体に冷たいビールを注ぎ(込みまくり!)、皆さんと談笑(乱痴気騒ぎ)し、最高に幸せなひと時でした。

まだまだ始まったばかりの宴会風景。これから徐々に盛り上がり、最後の方は・・・。
そんな、九平次さま、お戯れを!

次の日はほぼ全員二日酔いの中、阿蘇山へ観光。

昼食は地鶏と、牛肉の焼き肉と迎え酒。
ほぼ廃人状態で帰郷。
社会復帰できずに報告遅れました。

本当に皆様ありがとうございました!
また必ず八千代座で!!

「FLAMENCO 曽根崎心中」 熊本八千代座

May 15,2009 12:21 AM

いよいよ2年ぶりの八千代座公演。
明日から熊本入りします。

今回初めての方、前回観に来ていただいた方(個人的なことですがボランティア時代の旧友も!トーマス、ありがとう!!)、そして東京からも多くの皆さんが観に来てくださいます。

出演者、スタッフ一丸となって頑張ります!!

デスヌードVol.3「小島章司の贈り物(仮題)」 チラシ撮影会

May 6,2009 04:51 PM

先日、小島先生のスタジオでデスヌードVol.3「小島章司の贈り物(仮題)」のチラシの撮影会。
カメラマンは川島浩之さん、アシスタントに川島さんの先輩、木村圭介さんが特別に。
そして、アート・ディレクターは富岡史棋さん。
信頼するスタッフに囲まれて、和やかに、順調に進む。
なんと予定していた時間(4時間)の半分で終了。
富岡さんの、そして私のとんでもない要求をすべて笑顔で受け入れてくださった小島先生のお陰です。

終了後のスナップ

ⒸHiroyuki Kawashima

さて、どんなチラシになるか楽しみ。
この公演は、前回と同じく代々木上原のムジカーザで、8月26日(水)、27日(木)に行います。
公演日数増えるかも?
詳細決まりましたら、またお知らせします。

そう言えば撮影日だった5月5日は端午の節句。この公演は男性舞踊手だけの出演。
幸先いいかも?

フラメンコライブ in NAKA

May 4,2009 02:30 PM

6月21日(日)に茨城県那珂市で行われるフラメンコライブの会場となるセンチュリープラザNAKAへ下見に。

ライブ情報
http://www.isejin.co.jp/naka/16thAnniversary/index.html

センチュリープラザNAKA

このたびセンチュリープラザNAKA総支配人の金原さんのご厚意により、
この会場での公演ができることになりました。
しかも勝田駅と会場を結ぶ送迎バスまでも出してくださいます。
本当にありがとうございます。

さて、各会場素晴らしくどこにしようか大変迷いました。
この中庭、スペインにいるみたいです。

パティオ

ここで踊りたかったのですが、梅雨時なので今回は断念。次回は必ず!
今回はどこでやるかは、観に来ていただいてからのお楽しみということで。

ライブの内容はまた後日アップします。
上野から1時間半。東京もしくは近郊の方も是非皆さんいらしてください。

タイトルとURLをコピーしました