blogBlog

Photo:Hiroki Sato
2007年11月
November 29,2007 01:13 PM

¡FIESTA!

この間共演した歌い手アナ・デ・ロ・レジェの家族との食事会に招かれ、彼女のお兄さんのお宅にお邪魔しました。

左がアナ、右は妹の歌い手“チキ”(真ん中は押しつぶされそうな私)
2007_11190132.JPG

そのお兄さんはあの有名なフラメンコ・ポップ・グループ「ナバヒータ・プラテア」のボーカリスト、エル・ペレ。(どフラメンコのカンタオール、エル・ペレとは同名異人)

エル・ペレと一緒に。後ろに見えるのはヘレスの大聖堂
2007_11190128.JPG

ヘレスの町が一望できる屋上で昼食会。
エル・ペレの奥様は踊り手のマリア・ベルムデス。なんと二人とも日本食が大好物!それも筋金入り。醤油、ワサビは常備品。

マグロの刺身!をつくるエル・ペレ
2007_11190126.JPG

小さい頃、魚屋さんだった親父さんの手伝いをしながら生の魚をつまみ食いしていたそう。(ちなみにスペイン人は生で魚を食べる習慣がありません)
このエル・ペレ、ヘレスの出世頭、コマーシャルで何曲も使用されているほど。それなのに両親に会うと「今度の新作イイネ~、ってところでいつ魚屋始めるんだ?そんなフラメンコばっかりやってないで仕事しなさい!」といまだに言われてしまうそうです。「昔はどんなマエストロも、フラメンコだけでは食べていけなかった時代を知ってる両親だからね~」と嘆いてました。

さて、そのお母さん、プロではないが大変な歌上手。
食事が終わった頃、子供たちからせがまれる。
「だめだよ~。今はもう歌ったら入れ歯がアッチャの方にいっちゃうから!」
「少しでいいからさ~」と催促する子供たち。
「しょうがないね~」
「アイ、アイ、ア~イ~」
「アイ、アイ、ア~イ~・・・」
「アイ、アイア~ダメダ、出てこない・・・。」
久しぶりに歌うので歌詞を忘れてしまったお母さん。
子供たちが一節「プレスメ~」と促すと流麗に歌い出す。
2007_11190135.JPG

興に乗って踊りだす。バモ~!
2007_11190139.JPG

子供たちは自分たちを歌いとして育ててくれたその歌に、まるで乳飲み子のような顔をして聴き入る。普段は半ヤクザみたいな顔をしているのに。
こうなるともう止まらない。子供たちも歌い始め何時間も続く。夕方になったので「中で仕切りなおそうぜ!」と暴走母さん。
2007_11190140.JPG

ギター弾いているのはノリノリギターリスト、アントニオ・ヘロ。以前紹介したあの稀代のフェステーロ、マノリート・ヘロの息子でぺリキンの弟。

マノリート・ヘロ(これぞフラメンコのキメポーズ!)
cap001.bmp

これからうちのスタジオのキメは全部これにしますのであしからず。
彼にこのお父様の真似をして歌い踊ったら「ギャ~!」と抱きつかれました。

もう本当に何時間も続くフィエスタ。途中子供たちは疲れてソファーにもたれ談笑。でもお母さんだけはいつも椅子にシャキンと座り、間が空くと「つまらないやつらだね~、早く歌えよ、コラ!じゃなきゃアタシャ帰る!」と半ば脅しにかかる。
前にもあるフィエスタで、お爺さんから、歌い踊らない家族に一喝。「それでもヒターノか!」
「昔はしょっちゅうフィエスタだった。」とか「貧しくてテレビも食い物も無く、フィエスタしかなかった。」とよく耳にします。
昔のアーティストの濃厚さはやはりこうした背景があるのでしょうか?このお母さんのように何よりもフラメンコに「飢えていた」のでしょうね。

*皆さんの了承を得て写真掲載しております。

November 20,2007 03:41 AM

アントニオ・マレーナ カンテ・リサイタル

この間、ヘレスから車で20分ぐらいのところにあるトレブヘナという小さな町で行われた、われらが盟友アントニオ・マレーナのカンテ・リサイタルを聴きにいきました。開催場所はペーニャ・ラ・トリージャ

ペーニャ・ラ・トリージャ 写っているのはアントニオの息子でギターのマレーナ・イーホ
pena trilla.JPG

始まる前にペーニャの人が、「ここの人たちはヘレスみたいにハレオをあまり掛けたりせず、静かに聴く人たちだから心配しないでね。」と言っていました。
確かに始まってみるとシーンと聞き入っている人々。でもよく観察すると、目をつぶってウンウンうなづきながら聴き入り、涙をホロッと流していたり、一緒に口ずさんでいたりと、カンテへの愛情がシンシンと伝わってくる様子でした。
確かにヘレスの観客はもっと直情的で「オレ!ビバ・トゥ・マレ・ケ・テ・パリオ!」、「ケ・アルテ・ティエネ・イーホ!」、「ビバ・トゥ・コホネ!」などなど矢継ぎ早に飛んできます。これがまた絶妙なところに掛かるもんだから、アーティストは気持ちよく歌えるし、踊れるし、弾けるのです。
私もヘレスで踊った時、自分の踊りのペジスコと、観客のハレオで会話している快感が味わえました。ステージで踊りを提供する、表現する、といった次元からは遠く、まさにフラメンコを共有する時間が生まれます。そこは観客、アーティストの壁が取っ払われ,まさに一体となれる空間です。
話を元に戻すと、こんなにヘレスの近くで、レブリーハにも近い場所で観客の聴き方が違うのかとちょっとビックリしました。

ふたり熱演中
antonio con antonito.JPG

アントニオは、今ではあまり歌う人の少くなったセラーナを歌ったり、あまりヘレス人らしからぬレトラを取り上げ、最後はスタンディング・オベーションを受け盛会に終了。終わってから楽屋でも、「イヤー、レコードでしか聴いたことのない曲を初めて生で聴けたよ、ヨガッタ、ヨガッタ!!」、「珍しい歌を歌うもんだね~アンタ、いやでも涙でぃた!」と大好評でした。

珍しい写真をたくさん発見。

エル・チョサ&ペドロ・ペーニャ
el choza con pedro.JPG

巨獣ふたり
mairena con diego.JPG

November 8,2007 07:38 PM

ロシオ・フラード

今スペインにいます。
この間9月の公演で取り上げた、スペイン歌謡界の女王ロシオ・フラードの生地チピオナにお礼参りに行ってきました。

チピオナの海に立つロシオ・フラードの銅像
monumento de rocio.JPG

家も見に行ったのですが、その白い壁は彼女が亡くなるときにファンが押しかけ書いた寄せ書きで埋め尽くされていました。

昨年6月、逝去されるときちょうどスペインにいて、連日報道されるテレビを見ていました。私も昔から大ファンだったのでショックでした。

なくなる約半年前に大手術後に行った最後のコンサートを収録したCD&DVD。
0000626525.jpg

病後とは思えない絶唱です。スペイン人なら誰でも知っている、と言っていいぐらい名曲の数々。フェルナンダ・イ・ベルナルダ姉妹もよく彼女の曲をブレリアにのせて歌ってました。アントニオ・カナーレスもゲストで出演しています。

2017年7月
S
M T W T F
S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          




Archive

2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月



スペイン公演
「ARTE Y SOLERA 歓喜」
DVD好評発売中
貴重な映像を収録