「琥珀」ご鑑賞のためのカンテ⑤カンティーニャス・デ・ピニーニ

BERNARDA-CANTIÑAS-MAROTE-2/4

「琥珀」公演ご鑑賞のためのカンテ。

第5回目は「カンティーニャス・デ・ピニーニ」。

港町カディスで生まれた明るい曲調のカンティーニャス。

アンダルシア各地に伝わり様々な形式ができました。

そのひとつカンティーニャス・デ・ピニーニはレブリーハ生まれでウトレーラに住んでいたピニーニという歌の上手なおっちゃんがつくりました。

ピニーニの子孫にはフェルナンダ・ベルナルダ姉妹はじめ、素晴らしいアーティストがたくさんいます。

ピニーニはプロの歌い手ではなく肉屋を営んでおりましたが、彼の家では毎晩のようにフラメンコ好きが集まり、飲めや歌えの宴会が繰り広げられていたそうです。彼らにとっては宴会、フラメンコこそが生きる糧だったのでしょう。

まさにこのようなフラメンコ三昧の生活の中で、ピニーニおじさん独特のカンティーニャスが生まれたのだと思います。

家族や友人と共に、美酒とフラメンコに酔いしれながら生まれたカンティーニャス。

紹介する映像はベルナルダ・デ・ウトレーラ。

私の1番好きな女性歌手。

好き過ぎて初めてお会いした時に想いが溢れて「愛しています」と告白してしまいました。

その時すでに80前後でいらしたかと思うが「あらいやだ、恋人に怒られちゃう」と艶っぽく返されて、ますます好きになってしまいました。